2015年8月5日水曜日

レースに持っていく工具一覧

レースへ行くときはなるべく荷物を減らしたいもの
しかし万が一を考え、あれもこれもと荷物が増えていきます。

今回は私がいつもレースに持っていく工具をまとめてみました。参考にどうぞ

●工具ケース





ナノユニバースの小物入れを使ってます。固いケースを使っていた時期もありましたが、布製のほうが融通がきいて好みです。

中身を広げるとこんな感じです。コンパクトなわりに収納は十分です。工具もなるべく小さいものを選んでいます。


●ニッパー・ドライバー・ボックスレンチ



 ミニ四駆やるには必需品ですね。ニッパはプラスチック用のもの、ボックスレンチはミニ四駆用のものを使用しています。

ドライバーは小型のラチェットに1番の+ドライバーと4.5のソケットレンチを組み合わせています。柄が短くても力が入りやすく、とても使い勝手がいいです(*'ω'*)


●ヤスリ・温度計・ハサミ・ピンセット・ハイトゲージ

 ヤスリはめったに使いませんが念のため持ち歩いてます。年に1回はやすりを使わざるを得ない重大なトラブルがあるのですw

テープやブレーキを切るハサミとピンセットは学生時代から愛用している解剖用です。

電池の状態を見るための温度計、車高を測るハイトゲージは細かいセッティングには欠かせません。


●プーラー類とその他小物工具

使用頻度の高いホイールプーラーはポテンシャルのものを使用しています。六角レンチやスパナ等の小さいものは小袋に入れると工具ケース内で散乱せずみつけやすいです。


●ブレーキスポンジ

 ブレーキスポンジはそのままだとかさばるので、あらかじめFRP幅に切って種類ごとに小袋に入れて持ち歩いています。


●テープ類

マルチテープと両面テープ2種類です。両面テープは厚く、強力 なものを使用しています。


●グリス・オイル類

 ギヤ用とスラダン用のグリス・オイルとそれを塗るオイルペンです。綿棒ははみ出たグリスを拭き取ったり、ごみ取り用です。

ギヤ用のオイルはいろんなものを試しましたが、ユニクリーンオイルに落ち着きました。


●まとめ

なるべく現地では加工せず、セッティングのみ行う工具の構成にしてみました。増やそうと思えばいくらでも増えてしまうので、ある程度割り切ってコンパクトにまとめるのがオススメです。




0 件のコメント:

コメントを投稿