2015年8月6日木曜日

レース会場で便利なピットテーブル&チェア

公式大会に参加すると多くの人がレジャーシートを敷き、その上に座ってセッティングを行っています。

私もはじめはそうしていたのですが、何時間もレジャーシートの上に座っているのは足が痺れてきたりして結構つらいんですw






ということで今回は私の公式大会でのピット周りを紹介します(*'ω'*)




左からセッティングボードとマット、チェア、テーブルの入った袋


●テーブル 
 DOPPELGANGERアルミフレーム ウルトラライトテーブル

テーブルはとにかく軽量コンパクトということで、ドッペルギャンガーの折りたたみ式のものを愛用しています。折りたたむとビニール傘程度になり持ち運びも簡単。組み立ても1分もあれば完了です。
耐荷重30kgと強度もしっかりしています。



テーブルの素材だと作業がやりずらいので、すべり止めのマットとセッティングボードを敷いて作業しています。マンハッタンのセッティングボードケースはお気に入り!(*'ω'*)



●チェア
DOPPELGANGER ウルトラライトチェア


椅子はテーブルと合わせてドッペルギャンガーです。とても軽いですが、座り心地はそれなりです。持ち運びを最優先に選びました。





●まとめ
持ち運びやすさを最優先にしたテーブルとチェアにチョイスでした。

最近では大会参加者が増え十分なピットスペースが確保できないことがままあります。
そういったなか、テーブルとイスだと一人分のピットスペースが非常にコンパクトになり、良い選択肢だと思います。



0 件のコメント:

コメントを投稿