2017年5月23日火曜日

ポン付けテクニック(MA・ARシャーシ)

 
たまに無加工ポン付けでマシン組んでます。組んでいると思わぬ発見があり、「実はタミヤは最初からこういう使い方を想定していたのでは」と勘ぐってしまうことも(笑)

今回は最近発見した3つを 紹介します(*'ω'*)


 

①フロントアンダーガードへのブレーキ貼り(MA/AR)


アンダーガードはそのままだとブレーキが貼りづらいです。
しかし真ん中のパーツを裏返すとブレーキを貼るのにほどよい平面ができます。ここにマルチテープ+3mmブレーキ貼るとフロントブレーキの完成です。

 真ん中のパーツをひっくり返してビス止め

マルチテープを貼ってから3mmブレーキ


このブレーキ+26mmタイヤだとちょうどバンクを避けてスロープで効くセッティングになります。タミヤは計算済みなのか

ギリギリバンク擦らない





②ARリヤブレーキの補強(MA)



ARリヤブレーキのこの部分はプラなのでどうしても破損しがちです。なかなか良い形状をしているだけにおしい。

 ということでMAシャーシについてくるカウンターギヤに入れるプラパーツを使って補強します。こいつでシャーシとの間を埋めてあげとちょうどいい

2.5mmのスペーサーを挟むとちょうどいい

画像のように皿座繰りした直FRPを2本つけて、そこにブレーキ貼ります。タイヤ径26mmの場合、1mmブレーキ貼るとバンクを避けてスロープで効くセッティングになります。

一部ビスが干渉するので要ヤスリがけ

1mmブレーキをベターっと貼る




バンク避けます




③フロントスラダン(MA/AR)


MAとARは画像のように簡単にスラダンが付きます。バンパーのところにちょうどいいバネ受けがあるんですよwwww
スラストもつくしもうこれでいいじゃないかな

 既製品のカーボンスラダンにスラダンの蓋を使用

ビス止め2か所で完成










0 件のコメント:

コメントを投稿