2016年12月6日火曜日

PSPOWER NT1000

充電池 充電器 NT1000 Ni-Cd/Ni-MH 単三(AA)/単四(AAA)充電池の充電、急速充電、放電、リフレッシュに便利な充電器


タミヤの充電器から放電機能がなくなりかなり経ちました。
 
ニッケル水素電池にはメモリー効果云々があり、それを解消するためには充電・放電両方できる充電器が必要です。


今回はそこそこの充電・放電ができ、扱いが楽で安価で小型な充電器PSPOWER NT1000のレビューです。









●スペック

NiMH 1~4
対応電圧:12V
充電電流 :0.2,0.5,0.7,1.0A
放電電流 :0.1,0.25,0.35,0.5A

簡単にいうとパワレのちょうど半分のスペックですwww
チャージ・ディスチャージ・リフレッシュ・テストと4つのモードがあるのもパワレに似ています。
(実際に使えそうなのはチャージとディスチャージくらい )

充電1A、放電0.5Aは家電的に考えると高め、ミニ四駆の充電器で考えると最低限か

給電は付属の12VACアダプタです。プラグはエナジャと一緒


●充電

充電のカット方式は電圧カットです。約1.51Vで充電終了し、トリクル充電に切り替わります。
デルタピークカットのように満充電にはなりませんが、そこそこのところで安全にカットしてくれるので充電器初心者には扱いやすいと思います。

実際に1Aで4本基礎充電してみると、本体がそこそこ発熱します。そのせいか仕上がり温度も電圧カットらしからぬ高め。
本体をコンパクトにまとめた結果、排熱が上手くいってないようです。ファンもついてないですしね。 


 充電完了までに約52分

仕上がり温度は38~39℃ 本体から熱もらってますね

充電完了直後の電圧

●放電

 放電は0.9Vでカットされます。ただ、放電終了後は強制的に充電へ切り替わります。ディスチャージモードはサイクルモードですww

放電→充電のサイクルモードと、放電でとまるディスチャージモードに分けてあると何かと便利なんだけどなーと少し不満


●まとめ

 初めて買う充電器におすすめです。ネオチャンとNT1000買って遊ぶ前に放電→充電のリフレッシュしていれば電池を長持ちさせることができます。
比較的安価なので、複数そろえて自宅で管理充電するのに良いと思います。

追い充電したくなったら、また別の充電器を買いましょう










0 件のコメント:

コメントを投稿