2016年12月13日火曜日

ABCホビー USBデルタピークエキスパートチャージャー

USB デルタピーク エキスパートチャージャー 1A 76212

以前、なんだかんだで購入を見送ったABCホビーのデルタピークエキスパートチャージャー
しかし、まわりの評判がよいので各種ポイントを使い購入しちゃいました

現場用のエントリー器としてよいかなーと期待です(*'ω'*)





●スペック

NiMH 1~2
入力電源:USB DC5V 2A以上
充電電流 :0.25,0.5,0.75,1.0A






最大の特徴はUSB給電!スマホ用のモバイルバッテリーがあればどこでも充電できちゃいます。

充電電流はUSB給電ではトップレベルの1.0A

機能は充電のみ。名前からするとカット方式はデルタピークカットぽいですが詳細不明

大きさは充電器としては十分小さいですが、サンヨーのUSB給電充電器と比べると倍近くでかい。逆にいうとあまり詰め込まず、無理をしてないつくりなのかもしれない。

大きさ比べ


 

●充電


<基礎充電>

ネオチャンプ2本を1.0Aで基礎充電してみました。





 充電中の本体温度 電池近くはほぼ常温

 表示の下あたりが一番高くて32℃でした





充電中は1分ごとに3秒くらい表示電圧が下がってました。おそらく充電止めて電池の 具合をみているんだと思います。



充電時間は1時間5分ほど。入った容量は1012mhA 仕上がり温度は37,8℃でした。


カットされるタイミングは1分毎の充電休止時間の直後。充電器の表示電圧でピーク出てからだいたい3回目の休止でカットされてました。休止時の電圧を拾っていくシステムなのでしょうか

あとはカットタイミングが1分ごとなので本来のデルタピークより少し余計に充電されてしまう(はず)。そこは1Aだから電池への負荷は小さいというということなのか・・・



 まとめるとUSB給電にしては、わりとしっかり充電してくれるという印象でした。


 充電直後の電圧



<追い充電>

近くのサーキットにて追い充電しながらTAしてみました。
自宅で基礎充電したものを現場で再度充電します。

充電完了となるまでだいたい8分かかりました。セッティング変更して再アタックしようにも電池待ちという状況が多々あり、少しもどかしい。まあ1Aなのでしょうがないのですが(´・ω・`)
日頃3~4Aで追っているのと比べると「遅いなあ」という感想です。
電池仕上がり具合は満充電までいくので立体ならこれで十分かなーとおもいます。


あとは 再度充電するときにUSBを一度ひっこぬいて充電器の電源オフにしないといけないのが×
この充電器つかうならモバイルバッテリー側にオン・オフスイッチがないと使い勝手悪いです。


とはいえ、これだけ小さくてモバイルバッテリーあれば電源ないサーキットでも遊べちゃうのはとても魅力的でした(*'ω'*)

 仕上がり温度は35,6℃

 充電直後の電圧

TAも記録更新できましたー!('ω')

●まとめ


現場用のエントリー器としてオススメできるものでした。USB給電はミニ四駆初心者でもとっつきやすくていいですよね!
充電もUSB給電のわりにしっかり充電してくれました。

前回紹介したNT1000と今回のABCホビーの二つあれば、自宅用と現場用でひとまずなんとかなるんじゃないかと思います。







USB デルタピーク エキスパートチャージャー 1A 76212
ABC HOBBY
売り上げランキング: 32,625



0 件のコメント:

コメントを投稿