2017年4月4日火曜日

フロントヒクオの作り方

ツイッターでもあげましたが、極力ビス止めしないフロントヒクオを作ったのでブログにまとめておきます。




製作意図

・フロントタイヤのトレッドを狭くし、フェンスとの接触を極力避ける
・軽量化

フロントヒクオのアームをシャーシとタイヤの間に通そうとすると、必然的にタイヤのトレッドが広くなってしまいます。タイヤトレッドが広いとフェンスと接触しやすい、シャーシとタイヤの間にフェンスが引っかかる等々なにかとリスクがあります。

タイヤとシャーシの距離はできるだけ詰めたいので、強度を保ったままアームを細くします。そのまま細くすると強度がないので、タイヤにかかるところだけプレートを縦にしました。

 切り欠き作って

接着して

シャーシやタイヤと接触するところを削る

別々のパーツを組み合わせると精度出しに苦労するので、ベースとなるプレートへ十字に継ぎ足し、後から削る方法をとりました。これで穴位置、真直度の精度が元のカーボンプレートのままだぜ(*'ω'*)   

マスダン受けのL字の部分は切り欠き加工をして組んでいます。渡したプレートとアームを挟み込む形で接着します。




重さ測定

改善前


 改善後

約0.5g軽くなりました。手間やコスト考えるとちょっとね・・・www



 シャーシとタイヤの間が詰まりました



0 件のコメント:

コメントを投稿