2015年8月12日水曜日

ミニ四駆強さの指標「m4 OPS」


この人は速い。あの人のほうが速い。いやいや俺のほうが速い。





知り合いが自分の参加していない大会で優勝したと聞き、「俺が出てたら優勝してた」なんて冗談をたまに使います(笑)

実際のところレースしてみないと誰が速いのかわからないですし、それがミニ四駆の良いところだと思っています。しかしながら一緒にレースできる機会や人数にはどうしても限りがありますよね。

今回は無粋とはわかりつつも、なにかミニ四駆の強さの指標を作って比べられないかという話です。






指標と聞いて真っ先に思いつくのが野球の指標です(私が野球好き)。
打率、打点、ホームラン、勝利数、防御率等々


公式レースは5人でレースするので、みんな同じ力量なら単純な勝率は2割になるはず。
少し打低ですが打者指標が使えそうです。


成績は公平性を保つため公式大会のものを使います。
では何がヒットで、何がホームランなのか・・・

試しに公式大会の成績と打撃成績を下のようにしてみました。



●シード券:四球

●1次予選敗退:凡退

●2次予選敗退(紫エントリーシート):シングルヒット

●準々決勝敗退(決勝参加券):ツーベース

●準決勝敗退(タスキ):スリーベース

●優勝決定戦出場 :ホームラン


※打数は出場大会数


じぶんでもびっくりするくらいキレイに分けられましたw

試しに次のようなレーサーを打撃成績にしてみると・・・

「レーサーA」
・年間9大会出場 
・シード券1枚 
・1次予選落ち:6回
・2次予選落ち:2回
・準決勝敗退 :1回

9打数3安打1四球
打率.333
出塁率.400 【出塁率 = (安打 + 四球 )÷(打数 + 四球 )】
長打率.556 【長打率 = 塁打÷打数】
OPS.956 【OPS =出塁率+長打率】

野球的にみるとOPSが.900を超えており、非常に優秀な選手です(2014年の最高OPSはソフトバンク柳田選手の1.072)。


ではミニ四レーサー的にみるとどうでしょうか・・・
成績だけみると大会によく参加しているレーサーだなとw

打率は1次予選の突破率。出塁率はシード券を加味しており、店舗レースでの成績も考慮されています。
長打率は大会に参加した時に期待できる成績ですね。1を超えてくると 1次予選はコンスタントに突破してくるレーサーと言えます。

OPSは何かを表している数字ではないのですが、 野球では得点と大きな相関があり重要視されている数字です。このOPSをミニ四駆の強さの指標としたらどうだろうか・・・


ということで次は私の去年の成績で算出してみます。
「まめ2014年 」
・年間7大会出場
・シード券3枚
・1次予選落ち:2回
・2次予選落ち:2回
・準々決勝敗退:1回
・準決勝敗退 :2回

7打数5安打3四球
打率.714
出塁率.800 【出塁率 = (安打 + 四球 )÷(打数 + 四球 )】
長打率1.429 【長打率 = 塁打÷打数】
OPS2.229 【OPS =出塁率+長打率】

野球的に見るとふざけた数字ですw
ちなみに清原(高3夏)の甲子園OPSは2.438

長打率は1を超えているので 、出場したら1次予選突破が期待できる数字ですね(*'ω'*)


と、まあOPSをいろいろ計算してみたのですが実際の野球と同じ感覚でOPSの数字は見れなさそうですw
しかし指標としてはまあまあレーサーの強さを表しているのではないかなーと思います。
 
 まとめるとこんな感じです。

ランク評価OPSの範囲
A素晴らしい2.500以上
B非常に良い2.000 - 2.499
C良い1.500 - 1.999
D.500 - 1.499
E平均以下.499以下










ということで新たなミニ四駆強さの指標を
「m4 OPS」

と名付け、今後試験的に運用していきたいと思います。

この「m4 OPS」が一番役に立つのはチーム作りだと思います。
強い人集めて強豪チーム作ろうと思ったら、「m4 OPS」の数値が高い人を集めればよいわけです。
ビリービーンごっこができますねw

逆にスカウトしてほしい人はツイッターアカウント名に「m4wdOPS」の数値を書いておけばいいかもしれませんね(*'ω'*)







0 件のコメント:

コメントを投稿