2015年9月6日日曜日

引っかかり防止ステーをつくる (リア)

いわゆる「引っかかり防止ステー(リア)」について試行錯誤しながら作ってみました。





ネオンホールで不調だった引っかかり防止ステー。休日を利用して修正します(*'ω'*)



ぬるっとコースインをしてくれることを期待していたのですが、実際には「引っかかりはしないけど、素早くコース復帰できない」という感じでした。
何とかぬるっと入ってくれるように改修していきます。



改修① 素早くコース復帰するために傾斜をつける
 1.5mmのステーだと傾斜がつけられないので、カーボンの端材を貼り付けて3mmしたうえで傾斜をつけていきます。リューターで荒削りしたあと、スティックヤスリで仕上げていきます。

改修② 摩擦抵抗を小さくするために瞬間接着剤でコーティングする

カーボンを磨いてもつるつるになるのですが、さらにツルツルにするために瞬間接着でコーティングします。
瞬間接着剤を全体に塗ったあと、荒いヤスリから順番に仕上げていきます。
最後はフィニッシングヤスリでツルツルに




さっそく試してみると素早くコース復帰できるようになりました(*'ω'*)



そのままいろいろな角度でコース復帰できるか試していると、新たな課題が・・・


タイヤが引っかかるんですよね・・・

 どうにかならないかと思い試行錯誤し行き着いたのがこちら



ランナー貼り付けてみましたw


ちゃんと復帰する!やった!(*'ω'*)



自宅サーキットでDBを飛ばしてみると、ぬるっとリアが入ってくれました。なかなかいけそうなので来週からショップレースに投入したいと思います。







0 件のコメント:

コメントを投稿